西穂高岳西尾根 敗退(北アルプス)

February 21, 2018

★山域:西穂高岳西尾根(北アルプス)
★日付:2018.02.17(土)~18(日)

★天気:2/17 雪時々曇り(西尾根は樹林帯の中でも風が吹き抜けてました。) 
    2/18 晴れ(風はほとんど無し。)  

★山行形態:個人山行、アルパインクライミング

★参加者:山宮(CL)、豊岡(SL)
★コース:新穂高登山指導センター→西尾根取付→テン泊地点(撤退地点、標高2100m)→西尾根取付→新穂高登山指導センター

★コース状況:穂高平小屋まではスキーヤーのトレースがありますが締まってなくて若干潜ります。(行きはノートレースの夏道ショートカットをラッセルして登りました。)穂高平小屋からはノートレース。 (翌日、下山時には前日のトレースは消えてました。)標高1946m少し手前からツリーホールや岩場のせいでできた落とし穴地獄が始まりなかなか前に進めませんでした。 西尾根上の雪質ですが2/17は5~10cmぐらいのパウダー状の新雪が根雪に乗ってて傾斜のきついところでラッセルしていると上層だけ崩れる嫌な感じの雪でしたが 2/18の下山時には上下の雪の層はちゃんと結合している感じでした。
★感想(山宮):今年1/13に敗退した西穂西尾根に再チャレンジということで雪山にめっぽう強く体力有り余る健脚の豊岡さんに2/17~18に一緒に行きませんかー?誘いをかけるとOKの返事をもらえました。豊岡さんが付いて来てくれれば登頂は何の問題なしと思ってましたが結果は今回も途中敗退となりました。天気予報どおりの雪が舞う天気や前回と同様に他パーティーがいなくてノートレースのラッセル登山は問題なかったのですが、途中からの踏みぬき地獄にメンタルをやられなかなか思うように進めなかったのが敗因です。次回再チャレンジする機会が巡ってきたらその時はもう1人ぐらい加えて何とか突破したいです!

 

※山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1384602.html

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload